[an error occurred while processing this directive]

劇団乾杯kanpai.kiwamari.org

ご予約受付はじまりました!

「唯其丈」制作日報・随時更新中(ちょっと停滞中)

次回公演

第12回公演「唯其丈」(大改訂再演)

ご予約受付中! こちらのご予約用フォームからどうぞ

(速報用の仮チラシはこちら)

日時
2017年5月27日(土)・28日(日)
両日 各 13時 / 18時より開演 (計4回公演)
開場・受付は開演の30分前より
会場
PORT (大阪市此花区四貫島1-6-6 四貫島中央通商店街内)
アクセスは下記の記事もご参照下さいませ
出演
澤森晴世
奈良絵里子(客演)
作・演出
山本握微
ご予約・お問い合わせ
ご予約の際は、上記いづれか窓口へお名前・公演回日時・人数(3名様まで)をお伝え下さい。当劇団より受付完了のご返信を以てご予約完了とさせていただきます。

前回「アラユル」以来、約6年振りの公演です。2003年に番外公演として上演した劇団異色作「唯其丈(ただそれだけ)」を、全面改訂して再演します。今回もカフェが会場であり、舞台です(初演の会場は今は無きカフェバー、ポコペン)。いつも通り入場無料(但御予約優先)

上演後、会場はPORTで営業中の「珈琲工房またたき」 「天然酵母パンふっくら」としてお過ごしいただけます。又、アフタートークも各回後に開催予定です。宜しければご参加下さいませ(ご観劇及びアフタートークのご観覧に辺り、ご注文は必須ではありません)。

会場へのアクセス

阪神なんば線「千鳥橋」駅より下車徒歩3分
千鳥橋駅から改札を出て右側。道路に出てまた右側に進みます。ファミリーマートを右折して商店街を進み、左手角に歯医者さんのある路地に入ると、路地を抜けたところ右手角がPORTです。
JR環状線・阪神なんば線「西九条」駅より下車徒歩20分
西九条駅に面した道路(スクランブル交差点や歩道橋があります)に出て北西(駅から右手)に進みます(左側の歩道を進むとスムーズです)。途中で橋を渡り、そのまま道沿いに進むと北港通と合流します。更に道に沿って北港通を西へ進むと、右手側に三井住友銀行やUFJ銀行が見えます。そこからアーケードに入り、右手側にあります。
もし道に迷われたら
大きな道路(北港通)に面したUFJ銀行(四貫島支店)を目指してください(此花の人は優しいので、道行く人や商店の方へお気軽にお尋ね下さい)。そこが入口となるアーケードをまっすぐ進み、右手側にあります。
会場は「四貫島中央通商店街」アーケード内の店舗です。「四貫島商店街本通り」のアーケードとも交差しているのでご注意下さい(近隣には他にもアーケード商店街があります)。

劇団乾杯について

1999年旗揚げ。山本握微主宰。大阪を拠点に公演。永世中立劇団として、各種の演劇コミュニティに属さず、観客からも入場料を徴収しない。「マイナーだがカルト的人気を誇る」路線を目論むが失敗し、自らカルト化した劇団。

2005年「オシロ」を以て学生劇団としての最終公演とし、正式名称を「其後之劇団乾杯」と改称して社会人劇団に。2008年「 V { breath } 」、2009年「街街」、2011年「アラユル(改訂再演)」の後、初のワークショップ「もっともっとモルモット」を開催しつつ、休眠。

山本握微 (やまもとあくび)
普通芸術家。演劇の他、言語ゲームと化した現代アートに言語のみで参入を試みる「運動展」を中心に活動。芸術及び諸文化を実用と流通の視点から再検査し、時折実践する。@elevator_p
劇団休眠中の諸々;有志による朗読公演「クチミミ」、作文を展示する「机上文藝」、大晦日の音楽イベントで年賀状の文案を発表する「郵便少年死す」、安治川FLOAT最後の映像作品「Fanta FLOAT」、謎のディナーショー「全ての伝票は一度、帳場を通る/12月22日以降のテーブルマナー」、秘密結社ツギトリ主催シンポジウム「出版不況とブックファンタジー」、みっけ!このはなとは一切関係の無い「此花見附」、その渦中で行われた「運動展 -八宝菜-」、街頭紙芝居「今地球堂」、児童図書室の定期深夜開館「よふかしぶんこ」等。